交際中に気を付けること(女性編)【公式】BICメンバーズ

CONTENTS婚活お役立ちコンテンツ

交際中に気を付けること(女性編)

交際中に気を付けること(女性編)

トークタイムでとてもいい雰囲気だった二人。連絡先を交換したら、ここからが本当の勝負です。
お相手から本当に気に入ってもらえるかどうかは、これからにかかっています。
ここでは交際中に気を付けること(女性編)をご紹介します。

デートの約束は喜んで受けよう

連絡先を交換したら、基本的に男性からデートに誘ってきます。トークタイム当日はお互い初対面だし緊張しているため上手く話ができなかったかもしれません。ですからこれからデートを重ね、将来の伴侶として一生を共にできるかどうかを見極めましょう。

デートの約束の時、「〇日はどうですか?」と聞かれたとします。もし別の予定があってNGの場合、その旨を伝えるだけではダメ。「〇日はNGですが、▽日、◇日は空いています。」と都合の良い日をこちらから提示し、前向きな姿勢を見せましょう。

また、「行きたいレストランはありますか?」「見たい映画はありますか?」など、聞いてくるかもしれません。この場合もきちんと提示したほうが親切です。
ただし、超高級レストランや超マニアックな映画は避けましょう。無難かつ相手を気疲れさせないようにしましょう。

会話のキャッチボールをしよう

自分のことばかり話していて、相手が話そうとしているタイミングをさえぎっていませんか?これはおしゃべりな女性にありがちなので気を付けましょう。
相手の話が一通り終わったら、その内容について質問したり自分の体験を伝えたりしましょう。そうすれば会話は弾みます。
会話のキャッチボールは全て相手に依存するのではなく、こちらのアシストも必要です。まさにバッテリーと同じ。一方的に投げるだけ、受けるだけでは楽しめません。

身なりは清楚に女性らしく

身なりやメイク・髪形は、清楚で女性らしさが感じられるようにしましょう。高級ブランド・派手なアクセサリー・過度な露出は嫌がられます。
カジュアル派やマニッシュ派の人もいるでしょう。それでいいのですが、どこかに女性らしさや可愛らしさが感じられるポイントを入れるのがおすすめです。

必要以上にメッセージを送りつけたり電話をしたりしない

メッセージのやり取りをする時、一般的に男性は問題を解決するために必要性を感じて連絡をします。欲しい情報が手に入ればメッセージのやり取りは終わりです。
しかし女性の場合は少し異なり、愛情を確かめるためだったり、一緒の時間を共有することに満足感を求めたりしがち。
男性には必要以上にメッセージを送りつけたりせず、すぐに返信が来なくても、あおったりしないことが大切です。

PC上のプロフィールでは分からない、フィーリングや居心地を確かめよう

PC上のプロフィールでお相手の仕事や趣味などは大体把握できているでしょう。交際中は二人だけでたくさん話をする機会がありますから、実際に会ってみなければ分からないことを、五感をフルに使って感じ取りましょう。
大切なのは、フィーリングが合うかどうか、一緒にいて居心地がいいかなど。その他にも、周りの人に対する言葉使いや気遣いもきちんと見ておきましょう。
また、交際中はお互い弱みを見せたくないもの。苦手な物やできないことなども、それとなく感じ取るようにしましょう。